占いのすべてトップ画像

風水     About

風水は、古代中国の思想で、都市、住居、建物、墓などの位置の吉凶禍福を決定するために用いられてきました。簡単にいうと気の流れを物の位置で制御する思想で、風水では都市や住居を「陽宅(ようたく)」、墳墓など、死者の居住空間のことを「陰宅(いんたく)」と呼んで区別しています。風水の教えを守っていれば、死者は永く幸を受け、生者はその子孫繁栄するといいます。風水は古代からの相宅や相墓といった占いの技術が陰陽五行説に基づきつつ総合されて成立しました。風水には地理の別名があり、天文がかっては狭義の天文学と天象を基にした占いであったように、風水も狭義の地理学と地理を基にした占いでした。

 

そのため風水は大別すると、地形読破の術である「巒頭(らんとう)」と、時間によって変化する天地間の気を判断する「理気(りき)」とに別れています。 巒頭は、その土地の気の勢いや質を地形等の形成を目で見える有形のもので判断する方法でということができ、形法、形勢派、巒体派などとも呼ばれています。一方、理気の方は陰陽五行や八卦、易理(易)、方位など目に見えないもので判断する方法であり、理法、理気派、屋宅派などとも呼ばれています。ちなみに、現代科学における風水は、地磁気と人との関係などの研究対象としています。

 

「風水」という名前は、晋の郭璞の著作という『葬書』に「気乗風則散 界水則止 古人聚之使不散 行之使有止 故謂之風水」( 気は風に乗れば則ち散り、水に界せられば則ち止る。古人はこれを聚めて散らせしめず、これを行かせて止るを有らしむ。故にこれを風水と謂う)と記載されているのが語源とされています。形法風水では、大地における気の流れを重視しており、龍脈からの気の流れが阻害されておらず、運ばれてきた気が溜まり場になっているような土地に都市や住宅を建造しなければならないとする。そうすることによってその地方や一家に優秀な人材が輩出されて、冨にも恵まれると考られていました。これは陰宅すなわち墳墓も同様であり、祖先がいる場所が子孫に影響を与えるとし、土地がよければ子孫は繁栄し、悪ければ没落すると考えられていました。この一方、理気風水では、方位の吉凶を重視し、個々人の生年月日によって決定される方位の吉凶にもとづき住居や墓の方位や、住居内の配置などを決めています。

 

風水の伝説で周易以前には帰蔵易、連山易という書物があったとされ、これは風水の道具、羅盤などに使用されています。また使用する道具の八卦鏡に先天図が使用されています。その違いは八卦を配列する方法の違いであり、変化させたものが周易とされています。また卦に河図洛書と関わる数字を当てた場合、帰蔵図は魔方陣になります。

 

風水では、人間が生まれ持った運勢は、全部で乾・兌・離・震・巽・坎・艮・坤の八となります。 人間は生まれた日付により、この八つの運命を持っており、『易経』に基礎を置いて、この属性により生まれながらの吉方位、凶方位を知ることができるとされます。

ご意見・ご感想

Copyright (C) 2016 占いのすべて. All Rights Reserved.