占いのすべてトップ画像

姓名判断   About

姓名判断とは、その人の姓名からその人の性格や人生の趨勢、適職、恋愛の傾向、結婚運・家庭運、かかりやすい病気など、一般に運勢として総称される事柄について解釈を与える占いの方法です。一般的に、人の姓名の字の画数から5つの格数を算出して、それらに与えられた伝統的・経験的な解釈に基づいて解釈を行います。また、生年月日と、姓名の陰陽二気、および姓名が発音されるときの音を五行に対応させた際の調和、八卦・九星などの数理との関係、姓名を文として解釈するところの意味など色々な要素を併せて、総合的な鑑定を示すことが多くなっています。

 

この画数の計算方法にはいくつかあり、康煕字典という中国の漢字辞典を基準とした、旧字体の画数で計算する流派と、現行の新字体の画数で計算する流派の二つがあります。また、部首を本字に直して計算する場合があり、旧字体派の場合はこの方法をとることが多く、たとえば「洋」は普通に数えると9画ですが、さんずいは本字に直すと水であるため4画と計算し、合計10画とするなどです。また、くさかんむりのように、3画派、4画派、6画派がそれぞれ地位を持っているものもありますし、「澤・沢」のように両方が使われている場合や、「佐々木」の々のように同じ字が続く場合はどうするかについても流派によって異なります。漢字だけではなく、ひらがなでも実際に手で書く画数とは異なる画数で計算する場合もあります。

 

姓名判断理論の基礎的な内容は、熊崎健翁という人物により、広く世に広められたとされており、教科書的には熊崎氏が姓名判断の源流と広く認知されています。確かに姓名判断を世に普及させたのは熊崎氏の功績いえるのですが、では、熊崎氏が姓名判断の理論を開発したのかというと、そうではありません。古くは、明治時代に活躍した易者「林文嶺」と言語学者「永杜鷹堂」が理論化したものを学び、その理論を大衆向けによりシンプルにしたものが、熊崎氏の姓名学なのです。

 

この簡素化された理論は非常に理解しやすく、広く一般に姓名判断を普及させた熊崎氏の功績は誰もが認めるところといえます。しかし、簡素化したことによる弊害として、真理が見抜けない娯楽的な姓名判断を普及させてしまったという意見を説く鑑定士もいます。この熊崎式では、漢字の画数を戦前の字体である旧漢字の画数(正確には康煕字典の画数)でカウントする方法を取っており多くの姓名判断の流派でこの方法が採用されている一方で、新漢字は戦後の字体である新漢字のままで画数をカウントする流派もでてきているのです。また独自の考え方を持つ流派もでてきており、新字派の桑野燿齊による「桑野式内画法」では、熊崎式とはその理論的内容において一線を画しており、五行、三才を廃し、従来の五格のほかに独自の4つの格をとって、同格現象、内格法という独自の理論を持っています。また、熊崎式以前のより複雑な理論を採用する流派では、画数の吉凶の判断に、四柱推命の「十干」という理論を用い、単に1〜81画に対して機械的に意味を当てはめるのではなく、多元的に網羅的に判断しなければならないとしています。そうはいっても、姓名判断には科学的根拠はないので、「縁起もの」ぐらいの気持ちで接するのが一般的だといえるでしょう。

ご意見・ご感想

Copyright (C) 2016 占いのすべて. All Rights Reserved.