占いのすべてトップ画像

占星術    About

占星術は、太陽系内の太陽・月・惑星・小惑星などの天体の位置や動きなどと人間・社会のあり方を経験的に結びつけて占う技術のことで、古代バビロニアが発祥とされています。ギリシア・インド・アラブ・ヨーロッパで発展した西洋占星術・インド占星術と、中国など東アジアで発展した東洋占星術に分けることができます。

 

歴史としては古代バビロニアで行われた大規模な天体観測が起源であるとされていて、そこからギリシア・インド・アラブ・ヨーロッパ・中国へ伝わったといわれています。このころは主に国家や王家の吉凶判断に使われてたとされ、バビロニア占星術は紀元前三世紀頃にギリシアに伝わり、個人の運勢を占うホロスコープ占星術に発展しました。占星術という言葉は、古典ギリシア語のアストロロギアに由来しており、アストロロギア(astrologia)のアストロ(astro)という頭に来る単語は古典ギリシア語の星という意味で、astrologiaとは星について考えたことという意味になります。アストロノミア天文学とはastrologiaのなかで星の動きなどについての学問であった。ちなみに、astrologistは占星術者のことを指します。

 

占星術が、たくさんある占いの中で最も古い起源を持ちながら、今でも広範囲に親しまれている理由としては、古代から絶えず「天の意」を知ることを求め続けていた、人間にとって社会的・文化的に重要な理論体系として貫性や普遍性は欠くにせよ発展し続け、また現代の主要な世界観としての自然科学の元のひとつとなったことが挙げられるのではないでしょうか。また、普遍性を前提とする学問とはいえ、哲学的な意味では「批判」の対象とはならないとされ、「科学知の客観性」を前提とした数百年続く「因果律による科学的思考の盲目的な礼賛」であるという意見もあります。
また、余談になりますが電話占いをご存知でしょうか?
人は誰でも言えない悩みを抱えていると思います。占いには色々な種類がありますが、電話占いは匿名性が高く安心して相談できる事かと思います。人には言えない悩み事が有るときには電話占いを利用してみてはどうでしょうか?

 

また、占星術は天文学とも関係が深く、ケプラーの法則で天文学史上に名を残すヨハネス・ケプラーが天文学者・数学者であると同時に占星術師でもあったという事実や、ドイツ観念論を代表する哲学者ヘーゲルが大学教師の職に就くための就職論文が『惑星の軌道に関する哲学的論考』であり、その中で惑星の運動を本質的に解明したのは物理学的に解析したニュートンよりもむしろケプラーであると評していることからも分かるように、自然科学としての天文学は天体の不思議な動きに意味を見出だそうとした占星術から派生したものといわれています。ケプラーは「このおろかな娘、占星術は、一般からは評判のよくない職業に従事して、その利益によって賢いが貧しい母、天文学を養っている」と書いており、権力者が占星術には金を出すが、天文学には支援しないという状況があったことも、この両者がある時期まで一体的に発展してきた一つの社会的要因と考えられています。

 

ただし、近世以降になると、占星術は自然科学の体系から完全に離れてしまっていて、現代の科学的地平からは、占星術による未来予測について自然科学的な根拠は提示されていないというのが現実です。人間の性格や運勢、国家の運命などを、天体の動きと結びつけることは、天文学・物理学的には行われていませんし、現代の多くの占星術専門家も、現代自然科学の枠組で占星術を理解することはきわめて困難であると考えられています。近代以降で占星術に積極的に取り組んだ研究者は、カール・ユングに代表される心理学者たちでした。ユングは因果律ではないシンクロニシティ、あるいは「意味のある偶然の一致」という考え方を示そうとして、占星術を援用していました。この事情もあり、イギリスを中心とする現代の占星術師や占星術研究家と称する人々の中には、心理学を援用しようと試みている人も少なくありません。

ご意見・ご感想

Copyright (C) 2016 占いのすべて. All Rights Reserved.