占いのすべてトップ画像

四柱推命   About

四柱推命とは、中国で陰陽五行説を元にして生まれた占いの方法の一つです。1100年代、南宋の徐居易(徐子平)という人の書が文献考証的に四柱推命の最古となるため、徐子平が命学の祖といわれていますが、四柱推命という呼称は、中国の原書に見ることができず、日本独自のものです。しかし、英語圏では"Four Pillars of Destiny" もしくは"Four Pillars Astrology"と呼ばれており、既に世界的に使用されています。中国では、「子平」「三命」「命学」「命理」などといわれていており、清代の占術の大全である『星平會海全書』の書名にあるように、中国においては占術のあり方を「星」と「平」に分類しています。「星」とは、星曜系の占術であり、「平」とは、子平に代表される干支系の占術とされています。星曜系とは、西洋の占星術に近いもので、惑星の動きが人の運命に関わるとするもので、干支系とは、干支による暦を元にしていることからわかるように、地球における四季の変遷を注視し、人の命運を推し量ろうとする占術のこととされており、したがって、四柱推命を占星術、あるいは占星術的なものとして分類するのは、誤りといえます。

 

日本には江戸時代中期に移入されたとされ、文政年間、仙台の儒学者桜田虎門が『推命書』という名前で『淵海子平』の訳本を出したのが、考証的に最古の書とされていますが、桜田虎門は四柱推命に対する専門知識がなかったのではないかと言われていて、氏の功罪は間違った知識を移入してしまったという意味で、罪のほうが大きいのではないかという評価もあります。 現代では阿部泰山流、高木乗流などの流派があるようですが、四柱推命に流派などない、という立場もあり、武田考玄という研究者が活躍しました。

 

四柱推命は生まれた年、月、日、時、の四つ干支を柱として、その人の生まれ持った可能性を推し量るものとされています。それぞれを年柱、月柱、日柱、時柱といいます。そのため、生まれた時間が分からないと三柱となってしまい、確度が落ちます。それぞれの柱にくる十干を天干といい、十二支を地支という。さらに、年柱の天干は年干合わせて、年柱天干というときもある。月柱の地支は月支といった呼び方をします。日干を核として、他の天干、地支が日干にたいしてどういう働きをするのかを見ていきます。

 

日本の一部の流派では、五行の相生相尅を論じる場合である五行図は通常、木を上に書いて、そこから右回りに、火、土、金、水の順に正五角形の頂点の位置に書いて、右回りに五角形(または円)を描くようにして矢印で結んでいくと、それが生じることを意味する矢印となることから、木は火を生じ、火は土を生じ、土は金を生じ、金は水を生じ、水は木を生じるとされます。逆に見れば、火は木に生じられ、土は火に生じられというふうになります。また、五角形の頂点を、木から土へ向かう矢印を引き、順繰りに五行を結ぶと、剋(こく)することを意味する矢印となり、木は土を剋し、土は水を剋し、水は火を剋し、火は金を剋し、金は木を剋するとなります。ただし単純に五行の配置を図示する場合には、火行を南として上に、水行を北として下に、木行を東として左に、金行を西として右に、そして土行を中央に置くのが基本となります。

ご意見・ご感想

Copyright (C) 2016 占いのすべて. All Rights Reserved.