占いのすべてトップ画像

タロット占い About

タロット占いには、大アルカナと呼ばれる22枚のカードだけを使う方法と、小アルカナと呼ばれる56枚のカードも合わせて計78枚で占う方法が一般的ですが、少々特殊ではあるが、小アルカナのみを使う占いもあります。

 

まずカードを裏向きにして机の上に置きシャッフルする。そしてシャッフルしたカードの中から数枚を引いて机の上に並べます。カードの並べ方には様々なものがあますが、このカードの並べ方のことをスプレッドといいます。それぞれのカードには意味があります。カードの絵柄がそれを表しており、ここから占い結果を読み取ります。カードの名前から言葉の意味を調べるだけでなく、カードに描かれている光景を基に意味を感じ取ることも重要になります。また、カードの意味は正位置と逆位置では意味が変わってきます。正位置はカードの本来の意味を表し、逆位置は別の捉え方をしたもので、原則として、正位置の意味はカードの善・陽の部分(例:戦車 前進)、逆位置の意味は悪・陰の部分(例:戦車 暴走)として解釈がなされます。ただし正位置・逆位置の区別を行わないタロットデッキや占い師も存在していて、カードの意味は占い師によって解釈が大きく異なる場合がある為、これが正解と言える解釈は存在しないという見解が一般的です。それだけに直観力やイマジネーションなど、占い師の資質が問われる占法と言えるでしょう。タロット占いは、その特性上「明日の運勢は?」などのような抽象的なテーマを占うのには向いていません。占う内容を具体的に絞り込む必要があるのです。恋愛相談や進路相談などカウンセリング的な要素を含む占いに適していて、神秘的な雰囲気も強いためか根強い人気があります。

 

また、普通タロット占いにおいてカードを混ぜる行為のことを「シャッフル」といいますが、通常のシャッフルでは、先述の通り正位置と逆位置が重要であり、テーブルなどにカードを広げ、両手でかき混ぜるようにしてカードの向きがバラバラになるようにシャッフルします。このシャッフルも、占い師によって様々な方法が採られていて、占い師だけがカードに触ってシャッフルを行う場合、相談者もシャッフルに参加する場合、シャッフル後にカードを切る場合、トランプ等と同様にカットだけに留める場合や、特にシャッフルを行わず相談者の話を聞きながら常にカードの順序や向きを入れ替える場合など、特に統一された方法は存在していません。

 

 

ご意見・ご感想

Copyright (C) 2016 占いのすべて. All Rights Reserved.