占いのすべてトップ画像

手相占い   About

手相は、手の表面に刻まれた皺やふくらみがその人の人となりを、あるいはその未来を暗示するものとみなす占いの方法の一つです。占いであるからには必ずしも理知的な理由はありませんが、しばしば何らかの助言を求めたいと考えている迷える人々に示唆を与えたり、あるいは何らかの着想の元になったりもしています。手は人体の器官のうちでもその人の在り様を示す象徴的なものとして扱われることも多く、たとえば『イワンのばか』でイワンの妹が手から相手の人物像を読み取ったように、手の様相から何らかの情報が得られると考える者は多くいます。これを更に推し進めていき、占いとして体系化したのが手相といえます。ただ占いとしての手相では実際の観察によるものなのかそれとも、神秘主義的な価値観に基づく意味付けかはあまり区別されていないため、その用語にも神秘主義的な専門用語や業界用語が多く使われています。

 

手相に関連する書籍は数多く出版されており、この中では図表などで手の特徴から所定の助言を与えるようなものも多いため、こういった情報に基づく限りは特殊な才能を必要としないことから、霊感や、第六感の働かない一般人にも占うことができるため、一般にも親しまれてる占いといえます。しかしその一方で、いわゆる「辻占い」のように専門化されサービス業態として成立する分野でも、手相を占いの手段とする者もいます。これらでは占いの手法としてなのか、それとも一種の理知的な人生相談の会話の糸口に手相を口実としているのかは一概にはいえないと思いますが、繁華街でもしばしば店を出す辻占いで手相を見る人がいます。

 

手相には三大線といわれる特に重要とされる線があるとされています。

 

生命線:

手相三大線の一つで、主に体力・生命力を表す線となります。この線の長短、線の濃薄によって、その人の持つ生命力の強弱を推測することができるとされ、生命線が短いからといって短命の相とは限りません。 生命線に現れる異常は健康上の異常(病気・怪我等)、生活環境の変化をも表しており。異常の生じている箇所を流年法にて判断し、怪我や病気の生じる時期を推測する事ができるとされています。

 

知能線:

手のひらの中央に刻まれる線で、手相三大線の一つです。別名"頭脳線"。頭の良さや才能資質を表す線とも呼ばれ、末端が上に向くほど現実的性質の持ち主であることを表しており、下に向かうほど精神的傾向であることを表しています。生命線が短くても知能線が良好な場合自制心が効くため、長生きの相とされています。 知能線から生じた分岐線は”才能の開花”を表す吉相で、分岐線が生じた地点を知能線の流年法で見て、才能が開花する時期を推測しています。また、知能線に生じた異常は頭部に関わる異常(脳卒中・知能発達の遅れ・頭部の怪我等)を表す事があります。

 

感情線:

性格や感情の傾向を表す線で、感情線から生じる上向きの支線は明るい性格を表し、下向きの支線は悲恋などで受けた悲しみを表すといわれています。

 

ご意見・ご感想

Copyright (C) 2016 占いのすべて. All Rights Reserved.